4月17日から5月6日まで新型コロナウイルス感染拡大防止の為休店と致します。

ホワイトニングで使われる過酸化水素とは?副作用もチェックしましょう

歯科医院ではホワイトニングの際に特殊な薬剤を使用します。
その薬剤の中には「過酸化水素」と呼ばれる成分が含まれているのですが、場合によっては副作用が生じてしまう恐れもある成分です。
そこで今回は、薬剤に含まれる過酸化水素の特徴と副作用について、NAVショップ一宮店がご紹介いたします。

過酸化水素とは?

過酸化水素と聞いてどのようなものかすぐにイメージが沸く方は少ないでしょう。
過酸化水素とは酸素と水素が化合したもので、主に漂白作用や殺菌作用があります。
身近なものとしては、オキシドールが挙げられます。
オキシドールは過酸化水素を約3%配合した水溶液で、ドラッグストアなどでは消毒液として簡単に手に入れることが可能です。
オキシドールなら危険性はないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ホワイトニングで使用される過酸化水素は濃度が異なります。
ホワイトニングでは濃度35%以下の過酸化水素が使われ、濃度が高い分漂白効果も高くなっているのです。

過酸化水素の副作用

ホワイトニングに使われる過酸化水素ですが、いくつかの副作用があります。

・知覚過敏
過酸化水素が使われている薬剤は刺激性があります。
この刺激は歯が薄くなっている部分に触れると、痛みが出るようです。
過酸化水素の濃度が強ければ、痛みが長続きすることがあります。
特に虫歯の治療後などは歯が薄くなっており、痛みが続く可能性があるのでおすすめできません。

・脱灰
過酸化水素を使った薬剤を使った際に、歯の表面が溶けてしまうことを「脱灰」と呼びます。
唾液に再石灰化という歯を修復する機能が備わっているため、溶けても元の状態に戻っていきますが、再石灰化が追い付かない場合は虫歯のリスクが高まります。

このような副作用は使われる過酸化水素の濃度が高いほど、引き起こる可能性は高いです。
過酸化水素の副作用が不安な方は、過酸化水素を一切使わない方法でホワイトニングを目指してみませんか?

一宮でホワイトニングならNAVショップ一宮店へ

一宮で過酸化水素は怖いけどホワイトニングをしたいという方は、NAVショップ一宮店が提供するホワイトニングをお試しください。
NAVショップ一宮店では、酸化チタンという人体に害のないものを使用しています。
NAVショップ一宮店のホワイトニングは、虫歯があっても痛みの少ない施術をすることが可能です。
施術の時間が短いというのも、NAVショップ一宮店の魅力です。
また、NAVショップ一宮店では家族や友人と共用できる回数券を販売しています。
何人かでお金を出し合うと1人分の金額がお得になります。
ホワイトニングに興味があるという方は、NAVショップ一宮店までお気軽にご相談ください。

最新情報をチェックしよう!